祖母と僕 エピソード1

Preview

Movie

Series
Tagged
Views
379

「…………ん…………ん…………」 夜、まだ暗いのにいきなり目が醒めてしまう。 それは身体に強い違和感を感じたからだというのは、すぐに理解した。 これは自分の身体を触られている感触だと。それも、直接、私の胸に。 そして、思い出す。今日は翔太が隣で寝ていたのを。 「あら、どうしたの?」 「あ、えっと……目の前でこんな大きなおっぱい、あったから、つい……」 「ふふっ、もしかしてまだまだおっぱい欲しい甘えん坊さんなのかしら?」

Full version

Preview image of 祖母と僕 エピソード1

Recommended