発情淫母

義父母の寝室の扉が閉まりきっていないことに気が付いた。その中から、かすかにくぐもった呻き声が聞こえる…いけないとは思いつつも、私は寝室の扉を細く開けた。部屋を覗くと、義母が豊満な尻肉をうねりまわしていた。股間の底に息づく女唇が疼いて、お尻をくねらせずにはいられないのだろう。義母の美尻がうねり舞っているのを目の当たりにして、私のモノは激しく強ばっていた。義理の母との濃密な関係。妻、義父、娘と、あらゆる家族に隠れつつ交わり、爛れて堕ちていく二人。