淫堕の姫騎士ジャンヌ

美しい小国リブファールに天使の血をひくといわれる美しい姫が住んでいた。王女ジャンヌ・グルノーブルは、剣技にも魔法にも優れた才能を見せる若き姫。
ひとたび彼女が戦えばその背中に天使の羽が光り輝くという。そんなリブファールに野蛮な亜人オーガ達の侵入が頻発した。先頭に立ってオーガ達を撃退するジャンヌ。
だが、オーガ達を影で操るダークエルフの奸計にかかり、妹姫のユーワを攫われてしまう。ジャンヌは単身ダークエルフのアジトに乗り込むが、それは綿密に計画された罠だった…。