ケダモノ(家族)たちの住む家で

火事で住む家を失くしてしまった心春に朝岡新は心配事がありながらも家に来るように提案する。実は、新の父親も兄も大の女好きで、気に入った女にすぐに手を出す最低の人間たちだったからだ。
心春は新のいない間に父・源蔵に弱みを握られ無理やり犯され極太の肉棒を7回もハメられてしまう。
心春の身体は、脅迫され無理矢理犯されてから自分では気付かないうちにいやらしく変化していた。それでも新の事が好きで、嫌いになる事は絶対にないと信じていた。だが、源蔵と勝に犯され続け、その気持ちが揺らぐ事に…
大切な彼女を家族に寝取られ淫乱ビッチに堕ちてゆく様をねっとりといやらしく描いていく。「ごめんなさい…わたし、もう帰れない……」